基本語の意外な意味・形容詞編(3)《執筆A.Y.》

a long drink

これは、丈の高いグラスにたっぷり注いだ、アルコールを(ほとんど)含まない軽い飲み物のことで、清涼飲料や炭酸水で割った酒などを指します。

反対にa short drinkは小さいグラスで飲む強い酒のことで、特に食前に飲むカクテルやウィスキーを指します。

Let's have something short.

「何か一杯きゅっとやろう」

He bought a rather modest car, considering his income.

modestには「謙虚な」のほかに、not very big, expensive etc, especially less big, expensive etc than you would expectという意味があります。

quite a modest salary for such an important jobといえば、「重要な仕事の割には安月給」ということです。

「収入から見て(金持ちなのに)彼はかなり小さい車を買った」

Robert was surprisingly philosophical about losing his job.

「失業したことについて哲学的だった」では意味不明です。

英英辞典を見るとsomeone who is philosophical calmly accepts a difficult or unpleasant situation because it cannot be changedとあります。

日本語では「達観した、悟りきった」といったところでしょう。

「驚いたことに、ロバートは失業したことをくよくよしても仕方がないと達観していた」

a regular rascal

「規則正しい悪党」ではありません。

regularには「まったくの、正真正銘の」という意味があります。

「札付きの悪党」

He is three months shy of 50.

ここでのshyはもちろん「恥ずかしがりの、内気の」ということではありません。

後ろにofを伴って「〜が足りない、〜に達しない」という意味です。

「彼はあと3ヶ月で50歳だ」

a square meal

「四角い食事」ではなくてa good satisfying mealということ。

「質量ともに充実した食事」

ほかに、squareはbe all squareの形で「五分五分の、同点の」という意味でも使われます。

The teams were all square at the end of the first half.

stupid with cold

ここでのstupidは「ばかな」ということではなくて、「無感覚の、麻痺した、ぼうっとした」という意味です。

「とても寒くて感覚が麻痺している」

You are getting warmer.

「体がほてってきた」ということでありません。

ここでのwarmは「(クイズなどで)正解に近い、(ゲームなどで)目的物に近い」という意味で使われています。

hotも同じように使います。

「もう少しで正解だよ、もう少しで見つかるよ」

(終)

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです