慣用句を英語で表現する(2)《執筆A.Y.》

今度は、「耳」を含む慣用句を英語になおしてみましょう。

「それを言われると耳が痛い」→痛いところをつく
That's a sore spot (point).

「痛いところ」(a sore spot)は英語でどう説明できるのか、英英辞典で確認してみると、something that is likely to make someone upset or angry when you talk about it

つまり、「そのことについて触れると人の感情を害するような話題」ということです。

「もう知っているの?耳が早いね」→新しい情報に注意している
You know it? You've sure got your ear to the ground.

このように、ある和英辞典にはhave (keep) an (one's) ear to the groundという表現を使った訳例が載っています。

これはto make sure that you always know what is happening in a situationという意味の慣用表現です。

「世の中の動きに注意を払っている」「いろいろなうわさを聞き逃さないようにする」ということです。

「彼女は聞く耳を持たない」→聞こうとしない
She won't listen to whatever people say.

ほかにturn a deaf ear to(〜に耳を貸さない)という表現を使うこともできます。

The factory owners turned a deaf ear to the demands of the workers.

「監督の説教は耳にたこができるほど聞いた」→聞き過ぎてうんざりしている、つくづくいやになっている
I've heard the manager's lecture so often I'm sick and tired of it.

パラフレーズの練習のために、be sick and tired ofの定義を英英辞典で確認しておきましょう。

to be angry and bored with something that has been happening for a long time

「全身を耳にしている」be all ears、「耳を疑う」believe one's ears、「左の耳から入って右の耳に抜けていく」go in one ear and out the otherのように日本語と英語の表現が類似しているものもあります。

そのほか、「顔」であれば「顔がきく」「顔が広い」「顔が立つ」「顔を貸す」「顔をつぶす」「顔から火が出る」など、「腹」であれば「腹が黒い」「腹がすわる」「腹にすえかねる」「腹を探る」「腹を割る」など、お題が尽きることはありません。

(終)

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです