英語で何という?(5)《執筆A.Y.》

「よろしくお願い(いたし)ます」

日本語の「よろしく」は使用範囲の広いことばなので、場面にふさわしい英語表現を使い分ける必要があります。

新しい職場に勤める際のあいさつとして「よろしくお願いいたします」と言うならHow do you do? My name is 〜. It's nice to meet you.
というあいさつに、例えば、I'm looking forward to working with you.のようなことばを添えるといいでしょう。

得意先への年末、あるいは年始のあいさつとして「来る年/本年もよろしくお願いいたします」と言うならI'm/We're looking forward to your continued cooperation in the coming year/in this year.のように表現するのが自然です。

「あなたの判断でことをうまく運んでほしい」というつもりで、つまり相手の裁量に任せて「あとはよろしくお願いします」と言うならPlease take care of the rest (of the work).

「あとはよろしく頼むよ」と言うならI'll leave the rest up to you.

「その件はよろしくお願いします」というのであればI'll leave it to your best judgment.(あなたの最良の判断に任せます)のように言えば、英語らしく響きます。

「ご援助いただければありがたい」というつもりで、「なにぶんよろしくお願いします」と言うならAny help (from you) will be greatly appreciated. I would be grateful for your help.のような言い方もできます。

「今後ともよろしくお願いいたします」というのであればIt is my earnest hope that our business may long continue. I hope we will continue to enjoy good business relations.のような堅い言い方になります。

「今後ともよろしく」といった、くだけた言い方ならLet's keep in touch.(これからも連絡を取り合おうよ)と言えばいいでしょう。


「英語で何という?(6)」へ続く


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです