英語で何という?(1)《執筆A.Y.》

「行ってきます」「行ってらっしゃい」

「行ってきます」にぴったりの英語表現はありません。

英米人が使う表現で、「行ってきます」に近いのは、I'm going/leaving (now).あたりでしょうが、これも「行くよ/出かけるよ」と言っているのであって、日本語のように「行って来ます」と往復に言及しているわけではありません。

そのほか、Good-bye!/Bye-bye!/Bye! See you later/soon.など、人と場合によってさまざまな言い方をします。

また、「行ってらっしゃい」にぴったりの英語表現もなく、Good-bye!/Bye-bye!/Bye! See you later/soon. Take care!/Be careful! Have a good day.(例えば、会社に出かける夫に対して)Have fun./Have a good time.(例えば、パーティーや旅行に行く人に対して)など、いろいろな言い方をします。

つまり、英語には「行ってきます」「行ってらっしゃい」に当たる固定した表現はありません。

「遊ぶ」

「今度の日曜日、うちに遊びにおいでよ」と言うつもりでCome to play(Come and play) at my house next Sunday.と言うのは、非常によく見られる間違いの一つです。

「遊ぶ」=playという等式ができあがってしまっていることが原因ですが、この意味でplayを使えるのは幼少児についてだけで、子供がおもちゃ・ゲームで遊ぶことをいうのです。

そして年長の人たちの場合にplayを使うと、英語では、性的な含みを持つようになります。

したがって上のような場面においては、playという語を使わないで別の表現にします。

Come and visit/see me next Sunday. Drop by my place next Sunday.などの言い方が適切です。

また、「昨夜仕事が終わってから新宿で遊んだ」などというときには、have fun/a good timeやenjoy(amuse) oneself(楽しむ)といった表現を用います。

I had a good time/enjoyed myself in Shinjuku after work last night.


「英語で何という?(2)」へ続く


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです