英語で何という?(6)《執筆A.Y.》

「ご無沙汰しております」

久しぶりに人に会った場合なら、「長いことお会いしませんでしたね」と考えてI haven't seen you for a long time/for ages.とか、「この前お会いしてからずいぶん時間がたっております」と発想してIt's been a long time/ages since I saw you last.のように言えばいいでしょう。

「連絡もしないですみません」と発想してSorry I haven't been/kept in touch.のように言うこともできます。

しばらく手紙を書かなかったことに触れて「ごぶさたしてしまってごめんなさい」と言うならI'm very sorry I haven't written (to) you for such a long time. It's been ages since I last wrote (to) you. Please forgive me.などのように表現すればいいでしょう。

「ひさしぶり」

この日本語にぴったりの1語の英語はありません。

状況に応じてさまざまな英語表現を使い分けなければなりません。

日本語の「ひさしぶり」同様、親しい間柄で用いるくだけた言い方がLong time no see.です。

「やあ、ひさしぶり!」というように、もっとくだけた感じで、おどけて言うとHello, stranger!となるでしょう。

一般的な言い方としては前述のI haven't seen you for a long time/ages. It's been a long time/ages since I saw you last.があります。

「また/ひさしぶりに会えてうれしい」と考えてIt's good to see you again. I'm very happy to see you again after such a long time.のように言うこともできます。


「英語で何という?(7)」へ続く


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません