英語の比喩表現(4)《執筆A.Y.》

今回は「ネズミ」から見てみましょう。

「ネズミ」は英語ではmouseかratが用いられますが、mouseは英米の家に出没する小型のネズミで、チーズを好み、おとなしくて臆病というイメージがあります。

一方、ratはドブネズミなどの大型のネズミで、汚くて病気を媒介するためとても悪いイメージがあります。

ちなみに、日本の家で見られるのはratです。

smell a rat

「ネズミを嗅ぎつける」

嗅覚のすぐれた猫や犬が、姿を見なくてもネズミの存在を嗅ぎつけることから、比喩的に「怪しいと感づく、うさんくさく思う」という意味。

They know we hate them and will smell a rat if we try to be nice to them.

the rat race

「ネズミの競争」

ネズミを競わせる娯楽で、ネズミの一団が、囲われた狭い通路に沿って、押し合いへし合いしながら、気が狂ったようになって先を争う様子から、「仕事や商売などでの、生き馬の目を抜くような熾烈な生存(勝ち残り)競争」という意味で使われます。

労働状況一般や、現代社会全体を指していうことも多いです。

Finally I've gotten out of the rat race!(そうした競争から足を洗ったということ)

次は「ゾウ」です。

a white elephant

文字通りには「白いゾウ」ですが、比喩的に「費用や手がかかるばかりで役に立たない厄介な持ち物、無用の長物」を指します。

この表現の起源は、昔のシャムでは、白いゾウは珍しく、王様の所有となっていたが、それを飼うのには大変なお金と手間がかかったといわれ、王様はその白いゾウを、あまり気に入らない家来に与えて困らせたというもの。

The pavilion has become a steel and glass white elephant.

「白いゾウ」に対してpink elephants(ピンクのゾウ)は「幻覚」という意味で、see pink elephantsといえば「幻覚を見る、酩酊(泥酔)する」ということです。

see the elephant

「ゾウを見る」

昔は英米人にとってゾウは希少価値のある、空想上の動物だったことから、比喩的に「見るべきものを全部見る、世間のことをすべて経験しつくす」という意味で使われます。

「ゾウを見た」といえば「これで見るべきものは全部見た」ということです。


「英語の比喩表現(5)」へ続く


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません