おすすめ本・上級者編編集A.Y.》

「NTC's Dictionary of Commonplace Words in Real-life Contexts/US$14.95 NTC Publishing Group,」

"Ick! There's a roach! Give me the Raid" hollered Bill.

この用例の中のthe Raidが日本では何に相当するのか、ご存知でしょうか。

Raidというのは、レイドという商品名の家庭用殺虫剤です。

日本で言えば「キンチョール」というところでしょうか。

最近の辞書はこのような生活語彙をかなり収録しているので、文中でそのような語に出会えばたいていのことはわかるし、英語情報辞典の類も詳しい情報を載せてくれています。

しかし、自分から、これは英語で何というのかと考えてみたり、特定の分野の生活語彙を集中的に身につけたいというときには不便です。

この辞書には、アルファベット順に平均的なアメリカ人の、生活語彙(主に名詞)が2,800語並べられており、頭から順に読み進めてもかなり楽しいし、「そうなんだ」と思わずうならされる項目もたくさんあります。

しかもイラストが満載で意味が一目瞭然です。

おまけに、すべての見出し語に会話例が載っているのでコロケーション情報も手に入ります。

用例をもうひとつ。

This generic peanut butter tasted just as good as brand-name stuff.

ここでのgenericは形容詞で「ノーブランドの、商標登録されていない」(名詞で「ノーブランド商品」)という意味です。

いわゆる「無印」ということです。

巻末には分野別の目次(APPLIANCE, AUTOMOTIVE, BATHROOM, CHEMICAL, CLEANING, CLIMATE, CLOTHING, CONSTRUCTION, ELECTRICAL, FOOD, HOMEなど)が載っているので、分野別に生活語彙を補強する場合にも実に便利な辞書です。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません