すぐれたネイティブ教師とは執筆A.Y.

英語学習の方法としては、すぐれたネイティブの指導者がいることが理想です。

ただし、英語を母国語、または準母国語とする人なら誰でもいいというわけにはいきません。

残念ながら、ネイティブ・スピーカーであるという事実だけで雇われた英語教師が、日本には多いというのも事実です。

ですから、もしネイティブ教師の指導を受けるのであれば、次の2つのことを彼らにたずねるといいでしょう。

1つは「あなたご自身の英語の実力は確かなものですか」。

英語を母国語としているからといって、誰もがかなりの程度の読解力と文章力を持っているわけではありません。

このことは、日本人にとっての日本語と置き換えてみると明らかになります。

私自身にしても、自分の日本語の読解力と文章力にはある程度の自信しかありません。

まだまだダメだなと思うことも多いし、本当にこれでいいのかな、といつも不安に思っています。

もう1つは、「あなたは日本語ができますか」。

ちょっとした会話だけではなく、ある程度読んだり書いたりできるのかをたずねてみてください。

日本に滞在し、日本人に英語を教えるのであれば、日本語を勉強するのは当然です。

もし勉強していないし、する気もないというのであれば、それはどうしてか説明を求めるべきです。

日本語は勉強したことがないという事実を受け入れるのであれば、どの外国語を勉強したのか、そして、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、何でもいいのですが、その外国語においてある程度の実力があるかどうかを聞いてみましょう。

なぜなら、私たち日本人は、外国語として英語を学ぶのです。

母国語としてではありません。

母国語しか知らない、外国語を本気になって勉強したことのない教師には、外国語として英語を学ぶということが、どういうことかわからない場合が多いのです。

一例をあげると「文法などは必要ありません。

いい英語をいつも聞いて、その通りに話していれば、英語は自然としゃべれるようになります」というネイティブ教師が多いのです。

もちろん彼らのいうことには一理あります。

英語とは、文法でしゃべったり、読んだりするものではありません。

いい英語を絶えず耳から入れて、それを真似て口から出せばいいことは明らかです。

しかし、そういう機会の少ない日本人が、文法なしで外国語に取り組めるものでしょうか。

母国語的環境で生活するかしないかで、外国語学習は変わってくるはずです。

確かに些末な文法は、必要ありませんが、英文法の基本的な仕組みがわかっていなければ、幼児期から英語的環境に育った人以外は、きちんと読んだり書いたりできないことになります。

考える力の発達した大人にとっては、論理的にのみこめないと納得できないことも多いのです。

ネイティブ教師のこうした発言は、彼ら自身が英文法をあまり知らないという事実からもきています。

英語が母国語の場合、毎日英語が耳から入り、口から出ているのですから、文法を知らないからといって英語が書けない、読めないということはありません。

それは、私たちにとっての日本語と同じです。

彼らが、文法というものを意識し始めるのは、外国語を勉強するようになってからです。

ちょっとした会話ではなく、フランス語ならフランス語の読解や作文を始めてからです。

この段階では、例えば、自動詞なのか、他動詞なのか、どれが直接目的語で、どれが間接目的語なのかを知らないで進むわけにはいきません。

名詞も代名詞も、形容詞も副詞も知りません、というわけにはいかないのです。

以上の理由から、そのネイティブ教師が外国語を勉強したことがあるかどうかを、たずねてみてください。

もちろん、すぐれた教師の指導を受けながら、朝から晩まで英語漬けになってしまうのが、最も効果の上がるやり方です。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです