おすすめ教材・中級者編・ライティング執筆A.Y.》

「新しい英文作成法/岩波ジュニア新書 天満美智子著 岩波書店」

日本の中学・高校で、「論理的に」文章を書くための訓練を受けたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。

個人的な話ですが、私の中学・高校時代は、英語で作文というと、和文英訳であり、国語の授業で文章を書くというのは、大部分が、感想文を書くということでした。

確かに、和文英訳の練習それ自体は重要で役に立ちますが、「感想文+和文英訳」の訓練だけでは、欧米人を説得する文章を書けるようにはなりません。

本書は、英作文と感想文から一歩踏み出し、「自分の考えを正直に、しかも論理明確に発信する術を伝える」ために書かれたものです。

英語で論理的な文章(小論文)を書くためのマニュアルといえます。

「序」の部分では、効果的な英文を書くために、「多読し英文リズムを体得しよう」「日英を問わず、考えをまとめ要約する習慣をつけよう」といったアドバイスが述べられています。

次に、「パラグラフ・ライティングを身につけよう」という題がつけられたPART1では、第1章「単一パラグラフの構造」、第2章「パラグラフをつないだ文章の構造」、第3章「要約文の作り方」と進んでいきます。

第1章と第2章は、解説→クイズ→実践と、ステップ・バイ・ステップで、パラグラフの書き方を学習します。

クイズでは、さまざまな作業する指示が与えられます。

「トピックセンテンスを探しなさい」「次のセンテンスの順序をならべかえて論理的にまとまった1つのパラグラフにしなさい」「適切な語句を入れてアウトラインを完成しなさい」という具合です。

実践編では、「何々について書いてみよう」とテーマが与えられ、書くためのアドバイスがあり、最後にサンプルが提示されます。第3章は、解説→実践で、要約文の作り方を学習します。

PART2は、「英文らしい英文をモデルで学ぼう」という題がついています。

「学校で習得した英文法を駆使して何とか作り上げた英文が、なるほど、文法的には正しいが、どこか不自然で、ぎこちない」といった状態から抜け出すための提案やアドバイスが書かれています。

「英語のリズムを身につけよう」「簡潔に論理的に書こう」「ユーモアや驚きを加えよう」といったことを、モデル文を通して学習できるように工夫されています。

全体を通じて、口調は穏やかですが、解説は的を射た明快なもので、読んでいると、著者の講義を受けているような気分にさせてくれます。

英語のパラグラフや小論文を書くための入門書を探している方におすすめです。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです