TOEIC攻略法・スコア351〜600レベル(発展)執筆A.Y.》

Listening 対策

英語の個々の音は、ナチュラルスピードでは、隣接する音と合体したり、短縮されたりして、かなり変化しますが、その変化にも法則があります。

実際に話されるときに、どのように変化して聞こえるかということを学び理解する必要があります。

今度はそれを書き取りによって、さらに強化します。それによって、音に対する反応が速くなります。

教材の選び方は、「スコア351〜600レベル(基礎)」と同じですが、短めの英文がいいでしょう。

手順

(1) トランスクリプトの英文の意味を理解します。

(2) 音声を少しずつ切りながら流し、聞こえた英文を書き取ります。

聞き取れない部分は抜かし、最後まで続けてください。全部で3回まで聞き返してみましょう。

(3) 自分が書き取ったものをトランスクリプトの英文とつき合わせ、抜けた部分は補充し、間違いは訂正します。

(4) 英文を見ながら音声を聞き、抜けた部分や間違えた部分の音声現象を確認します。

(5) 音声を聞きながら、抜けた部分や間違えた部分に注意して繰り返し音読します。

Reading 対策

読みの速度を上げるためには、英語を理解するときの頭の働きを、「英語→日本語→イメージ」から「英語→イメージ」に近づけていく必要があります。

英文を文頭から読み取る練習をしますが、今度はできるだけ日本語に訳さないで行います。

教材の選び方は、「スコア351〜600レベル(基礎)」と同じです。

手順

(1) 英文を文頭から、意味のかたまり(=フレーズ)ごとに区切って、意味を理解していきます。

できるだけ日本語ではなくて、イメージで理解するようにします。

日本語にしないと読んだ気がしないという状態から脱却を目指しましょう。

返り読みや後戻りをしないで、未知の語が出てきてもそこで立ち止まらず、先へ先へと読み進めるように気をつけてください。

読みのスピードを上げるためには、少しずつフレーズを大きくしていくことによって、一回のフレーズで入る語数を多くする訓練が必要です。

(2) 最後まで読んだら、日本語訳で自分の理解があっていたかをチェックします。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです