Q リスニング力を身につけるには?

テープを毎日聞いていますが全く聞けるようになりません。

もともと6ヶ月もすれば、映画が字幕なしでわかるようになるという広告を見てはじめました。

やはりテープだけではダメなのでしょうか?

(和歌山市 匿名 他、多数)

A 語彙の重要性執筆A.Y.》

テープを耳で聞いているだけで突然理解できるようになる、というのは真っ赤な嘘です。

知らない単語は10回聞き返しても聞けるようにはなりません。

話すだけでなく、リスニングの力をつけるにも、ある程度語彙がなければ始まりません。

読んで分からない単語を、聞いてわかるということは普通の日本人の大人の場合まずありえません。

聞きとれるようになりたいと思ったら、まず読んで分かる単語の数をふやすことです。

大人の場合、極端な言い方をすれば、はじめは知っている単語しか聞き取れないと覚悟をきめたほうがいいでしょう。

いや、知っている単語がすべて聞き取れればよほどましなほうで、知っている単語すら聞き取れないのが実情だと思います。

ですから、読書を通して、語彙を増やしてください。

前から理解する

前から入ってくることばはその時にちゃんと聞いて瞬時に理解しておかなければそれっきりで、二度と聞けません。

話しことばは「消えもの」と言われるように、発話の次の瞬間には消えてしまっています。

だから、前から順に発話と同時に理解していかなければなりません。

それができるようになるために、まず、返り読みをしないで前から順に読んで理解する訓練をしてください。

文法も必要

単語が聞き取れるだけでは、文の意味の理解にはつながりません。

単語という点をつないで文という一本の線にするには、文法や構文の知識が必要です。

それが不足している場合には、本で勉強して補いましょう。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです