TOEFL攻略法・Structure Section対策執筆A.Y.》

スコア190レベル

1. 「学校文法」の復習を

日本人受験者にとってStructure Sectionは、他のSectionに比べて比較的高得点の獲得が可能なSectionです。

中学校・高校を通して学習してきた、いわゆる「学校文法」で基本的には約80%前後TOEFLの問題に対処できるためです。

2. 出題パターンに慣れる

Structure Sectionではかなりパターン化された出題が行われています。

これらのパターンをしっかり分析して対策を立てておけば、かなりの高得点が期待できます。

スコア250レベル

高度な語彙力をつける

このsectionで日本人受験者にとって問題となるのは、単語です。

文法問題は文の形で出題されますが、その内容は、自然科学・社会科学・人文科学に関するものです。

そのため、文の意味を理解するためにはいろいろな分野にわたる幅広い語彙力が必要です。比較的分野の限られた英文を読んでいる日本人受験者には、負担が大きくなります

ある程度文法そのものの学習が進んできたら、いろいろな分野の英文をどんどん読んで、語彙力をつけていくことが、このsectionで満点近い点数を目指す人にとっては絶対に必要です。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません