英会話学校へ通う方へ・初心者編執筆A.Y.

いつも同じ表現を使わないように心がける

「元気?」と聞かれると、多くの人がI'm fine, thank you, and you? とほとんど反射的に、答えますが、実はこれはネイティブスピーカーの会話でよく使われる表現ではありません。

ほかにも答え方がたくさんあるのです。

それにもかかわらず、何年も勉強して、英会話学校に通っている中級者や上級者の生徒までもが、いつもI'm fine.しか使わないのはどうしてでしょうか。

これには、日本の文化的な背景も影響していると思います。

日本では、こういう場面では必ずこういう言い方を使うというようなことがよくありますが、その点英語は日本語に比べるとはるかに型にはまらないフレシキブルなものです。

ですから、いつも決まった言い方をするのではなく、ネイティブスピーカーがよく使う別の表現もいろいろ覚えましょう。

そして、新しく覚えた表現をどんどん使ってください。

まずひとつを選んで、それが口をついて自然に言えるようになるまで使ってみましょう。

それに慣れたら次の表現に、というぐあいに覚えていくのがいいと思います。

なるべくたくさんの表現を覚えて使うことが大切です。

同じ言い方をずっと使い続けていると、結局は感情のない機械的な答え方になってしまうことがよくあるからです。

また、ネイティブの教師は、日本人の生徒と英語で話すとき、話しかけるのはいつも自分からになってしまうとよくこぼしています。

ネイティブの教師に会ったときには、話しかけられるのを待たないで、ぜひ自分から話しかけてください。

How are you? と聞かれたときにネイティブスピーカーがよく使う答え方を紹介しておきます。

・I'm good.

・I'm OK.

・I'm not bad.

・I'm pretty good.

・I'm excellent.

・All right.

・Great.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです