カタカナ英語(18)執筆A.Y.》

アクセサリー

日本語では装身具のことを「アクセサリー」といっていますが、英語のaccessoryは帽子・ハンドバッグ・手袋・スカーフ・ハンカチなども含み、「アクセサリー」とは意味の範囲がずれています(服飾品の他に、自動車のラジオ・ステレオ・冷暖房器など機械類の付属品も指します)。

イアリングやネックレス、ブローチなど宝石をあしらった装身具は、英語ではjewelryと呼ぶのがふつうです。

ブックカバー

英語の(book) coverは「本の表紙」のことで、日本でいう「ブックカバー」は(dust/book) jacket, dust cover, wrapperといいます。

ちなみに、日本の書店では本を買うとカバーをかけてくれますが、英米には一般的にこの習慣はありません。

カフス(ボタン)

「カフス」は英語のcuff(袖口)の複数形cuffsからきています。

ワイシャツなどの袖口を留めるアクセサリーの「カフスボタン」は和製英語で、英語ではcuff linksといいます。

ジャー

日本語では「魔法瓶」や「ご飯などを入れる保温器」のことを「ジャー」といっていますが、英語のjarは単に「ガラスまたは陶製(石製)で広口のびん」のことで「保温容器」の意味はありません。

「魔法瓶」であればvacuum bottle, flask, thermos (bottle/flask),「炊飯ジャー」であればrice cooker and warmerとします。

シャープペンシル

「シャープペンシル」は和製英語で、英語でsharp penといっても、「先のとがった鉛筆」という意味にしかなりません。

英語ではmechanical pencil, automatic pencil, propelling pencilのようにいいます。

ジャンパー

上着の「ジャンパー」は英語のjumperからきていますが、これは水夫などの着る「作業用の上着」を指し、タウンウェアーのイメージはありません。

日本語の「ジャンパー」にはjacketやwindbreakerが相当します。

また、jumperはアメリカでは「ジャンパースカート」、イギリスでは「プルオーバーのセーター」をも指します。

ジョッキ

取っ手のついたビール用の大型コップを指す「ジョッキ」は英語のjugからきていますが、jugはイギリスでは「広口で取っ手のついた水差し」(=pitcher)、アメリカでは「細口で取っ手のついた(コルクで栓をする)つぼ、かめ」を指します。

日本でいう「ジョッキ」に相当するのは(beer) mug, stein(陶製), tankard(ふたつき)などです。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです