スパルタ英語・英会話 NCC綜合英語学院

英語で何という?(48)執筆A.Y.》

「〜階」

建物の階の呼び方はアメリカ英語とイギリス英語で異なります。1階、2階、3階をアメリカ英語では、the first floor, the second floor, the third floorといいますが、イギリス英語ではthe ground floor, the first floor, the second floorとなり、日本語やアメリカ英語と1階ずれることに注意してください。

ただし、地階の呼び方は英米共通で、地下1階はthe (first) basementといいます。

また、アメリカでも1階をガレージとするアパート(マンション)では2階以上はイギリスと同じ数え方になります。

同じ「階」でもfloorは「建物の床の部分」を表わし、storyは「空間を含めた高さ」を表わすので、建物の特定の階をいうときはfloorを、「〜階建て」のように建物の高さをいうときはstoryを用います。

「3階建ての家」はa three-story houseまたはa three-storied houseといいます。

次の二つの文を比較参照してください。

"Where is the toy department?" "It's on the third/second floor."
(「おもちゃ売り場はどこですか」「3階です」)

"How many floors/stories does this building have?" "It has fifty floors/stories."
"How high/tall is this building?" "It's fifty stories high."
(「このビルは何階建てですか」「50階建てです」)

「磨く(磨きをかける)」

例えば「君は自分の英語を磨く必要がある」というのはYou need to polish (up) your English.またはYou need to brush up (on) your English.ということができます。

ただし、brush upは「忘れかけたことをやり直して磨きをかける」というニュアンスがありますが、polish (up)にはそれがないのがふつうです。

したがって、Brush up your English.は「忘れかけた英語をもう一度勉強しなさい」ということです。

「体重」

「体重はどのくらいありますか」はHow much do you weigh?がふつうの聞き方です。

What is your weight?でも間違いではありませんが、一般的な表現ではありません(How much is your weight?とは言いません)。

ただし、この種の質問は、医学的な場以外では避けるのが無難です。

スパルタ英語・英会話 NCC綜合英語学院

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです