英語で何という?(40)執筆A.Y.》

「怠ける」

例えば「忙しくて怠けている暇などない」というのを*I am so busy I have no time to be lazy.とするのは不適切です。

lazyは「やるべきことをやらない、働く気がない」ことで、ふつう悪い意味で用います。

それに対してidleは「やることがないので何もしていない、仕事がないので働いていない(暇である)」ことで、必ずしも非難の意味を含みません。

I am so busy I have no time to be idle.

「屋内(室内)」

「屋内スポーツ」はan indoor sport,「室内プール」はan indoor swimming poolですが、「雨だったので屋内で体育をした」というのを*We had the PE class indoor since it was raining outside.とするのは誤りです。

indoorは「屋内の、室内の」という意味の形容詞で、名詞の前に置いて用います。

「屋内に(で)、室内に(で)」という意味の副詞はindoorsで、語尾に-sがつきます。

We had the PE class indoors since it was raining outside.

「無罪」

innocentが「罪を犯していない」こと、つまり「潔白である」ことを指すのに対して、not guiltyは文字通りには「有罪ではない」という意味です。

判決でいう「無罪」は、疑わしいけれども十分に立証できない場合も含めていうので、not guiltyが相当します。

したがって、英米の裁判では被告人に対して"guilty"または"not guilty"と宣告されます。

また、被告人が「無罪を主張します」というのも、I plead not guilty.であって、I plead innocent.とはいいません。

「覚える」

「1日に英語の単語を10語覚えるのは難しい」というのを*It's hard to remember ten English words a day.とするのは誤りです。

rememberは「覚えている、記憶している」という保持の意味と「思い出す」というアウトプットの意味はありますが、「覚える、記憶する」というインプットの意味はありません。

その意味ではlearn (by heart)やmemorizeを用います。

It's hard to memorize ten English words a day.

「国籍」

What is your nationality?またはWhat nationality are you?に対して、日本語の「(私の国籍は)日本です」につられて、*My nationality is Japan.と答えるのは不適切です。

ふつうはI'm Japanese.(日本人です)などのように答えます。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです