相手との距離に応じた表現を心がける(7)執筆A.Y.》

★ ★ ★

You should ask me.
→Why don't you ask me?

相手にすすめるときに使うWhy don't you 〜?は、遠慮がちな相手に対して、「こうすることはいいことだと思うよ。

あなたがこれをしない理由はないよね。

ぜひこうするといいよ」というニュアンスがあるので、相手との距離をぐっと縮めている表現です。

★ ★ ★

You should ask me.
→Don't hesitate to ask me.

先の例と同じように、下の方が遠慮がちな相手を自分のところにぐっと近づけようとする効果をもつ表現です。

★ ★ ★

You gave me more than I deserve.
→You shouldn't have (done this).

思いがけない、大きな贈り物をもらったときなどに、恐縮して上のように言うこともできます(?)が、下の表現を用いると「こんなことしていただかなくてもよかったのに」と叱っていることになります。

相手を叱るほど身近は間柄であることを表して親密さを示す表現です。

また、親切にしてあげそこなったとき、"You should have told me."(どうして言ってくれなかったの)などといいますが、これも相手を叱る形で、相手を自分のところに近づける表現です。

日本語でも「だめじゃないの」と叱ることで相手を近づけることがよくありますが、これも親密さを示す表現と考えられます。

★ ★ ★

This is a very delicious meat.
→How did you make this meat so tender?/I'd like to get a recipe of this meat dish.

おいしいごちそうをもてなされ、それをほめるときに、上よりも下の表現の方が、もてなす側の人に親密に語りかけています。

漠然とおいしいとほめるのではなく、具体的に肉をやわらかく料理するコツを聞いたり、作り方を聞いて自分でも作ってみようと思っていることを伝えたりすることは、相手とより親しくすることによって相手に好意を示すことになります。

★ ★ ★

Thank you very much. It's very kind of you.
→Thank you very much. May I open it? This is lovely. I'll put it on my living room wall.

感謝を伝えるのに、上の方は定型表現だけで終わっているのに対して、下の方は、具体的でpersonalなことばでうれしさを伝え、相手との親密さを表現しています。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです