カタカナ英語(8)執筆A.Y.》

マナー

英語のmannerは、Her manner to us was cold.(私たちに対する彼女の態度は冷淡だった)のように、「態度」や「物腰」を表わし、行儀がいい悪いとか、社会生活で決められた行動のルールなどとは関係がありません。

日本語の「マナー」つまり「行儀作法」をいうときはmannersと常に複数形になります。

また、日本語では礼儀作法のことを「エチケット」ともいい、英語にもetiquetteという語がありますが、この語はフランス語からきていて、英語ではmannersほど使われていません。

特に人の行儀の良し悪しをいうときはetiquetteを使わず、He had good/bad manners.のように言うのがふつうです。

スチュワーデス

英語のstewardessからきていますが、最近ではstewardessやairline hostessのような性別を明示する語を避けて、flight attendantを用いる航空会社が多いようです(他にcabin attendantやcrew memberも性差のない語です)。

なお、スチュワーデスやパーサーなどの乗務員をまとめてcabin crewと言います。

ビジネスマン

英語のbusinessmanは「実業家」または「会社での重要な地位の人」や「経営に携わる地位の人」を指すことが多いのですが、日本語と同じように「会社員」の意味で使われることもあります。

また、最近ではビジネスの世界に女性も多く進出しているので、男性にはbusinessman、女性にはbusinesswomanを用いるほうがいいでしょう。

性差のない言い方としては、business person(複数形はbusiness people),business executive,business leaderなどが好まれています。

セールスマン

日本語の「セールスマン」は「外交販売員」のことですが、英語のsalesmanは「外交販売員」だけではなく、「店員」も指します。

日常的に前者をsales representative、後者をsales clerk/shop assistantと呼んで区別しています。

これらはいずれも性差のない言い方です。

インテリ

もとになっている英語のintelligentsiaは、ふつうtheのついた形で集合的に「知識階級」を指します。

インテリ個人はan intellectualまたはan educated person(教養のある人)といいます。

また、日本語の「インテリ」は軽蔑的に用いられることがありますが、これに相当する英語にはhighbrow(いやにインテリぶる人)のほかにもeggheadやlonghairなどがあります。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです