英語で何という?(42)執筆A.Y.》

「審判(員)」

同じ「審判(員)」でも「ボクシング、レスリング、バスケットボール、サッカー、ラグビー、ホッケーなどの審判」はreferee,「野球、テニス、バレーボール、バドミントンなどの審判」はumpireです。

「テレビ」

television, TVいずれも、「テレビの受像機」(a television set)を指すときは、a television, a TVで、使用中の特定のテレビを指すとthe television, the TVとなります。

それに対して、「テレビ放送」を指すときは冠詞をつけません。

したがって、「そろそろテレビを買い替えようよう」というのは、It's about time to buy a new TV.となり、「今夜テレビでいい映画がある」というのは、There is a good movie on TV tonight.となります。

「おかげさまで」(2)

英語のthanks to youは、実際に何かをしてくれた相手への感謝の表現なので、「お元気ですか」「はい、おかげさまで元気です」のような会話での「おかげさま」には用いません。

例えば、次のような場合なら正しい用法です。

Exchanging letters with you for three years really helped me. Thanks to you, I passed the exam for a scholarship for overseas study.

(3年間あなたと文通したことがとても役立ちました。おかげさまで留学のための奨学金の試験に合格することができました)

「トイレ」

アメリカでは、「個人の家のトイレ」にtoiletという語を使うことは避けられており、ふつうbathroomを用います。

ホテルやレストランなどの「公共のトイレ」にはrest roomが最も一般的で、men's room(男性用)やladies' room(女性用)なども用いられます。

学校ではlavatoryやwashroomがふつうです。

ちなみに、日本の公衆トイレでときどき見かけるW.C.はwater closetの略ですが、この表現は英米では現在ほとんど使われていません。

「タオル」

英語のtowelは「体を拭くために用いられる布」を指します。

「体(特に顔と手)を洗うための布」はアメリカ英語ではwashcloth,イギリス英語ではfaceclothといいます。

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです