英語の比喩表現(44)執筆A.Y.》

wear the trousers

「ズボンをはいている」とは、「夫婦などのカップルの間で、主導権を握っている」ことです。

特に女性の方が支配的な状況について使います。

かつては、男性がズボンをはいてすべての決定権をもち、女性はスカートをはいて男性に従うものとされていたので、女性が男性のはくズボンをはくということは、女性が男性を支配すること、女性が優位に立つことになるわけです。

ただし、女性が文字通りズボンをはき、自ら責任ある地位につくことが珍しくなくなった現在では、「この表現が依拠していた社会状況はいささか現実にそぐわないものになってきている」と言えます。

Brian may seem bossy, but I'll tell you it's Lisa that really wears the trousers in that relationship.

touch and go

「かする」。

比喩的に「きわめて危険で不安定な状態」「予断を許さない状況」を指します。

一説によれば、この表現は馬車に関するもので、お互いの馬車の車輪がぶつかりながら事故に至らず、そのまま互いに行き過ぎてしまうことを指して言うそうです。

また別の説では、狭く浅い海峡を航行する船が、船底を海底や暗礁にこすりながらも、難破することなくそのまま航行を続行することを指して言うとされています。

いずれにせよ、乗り物が何かとの衝突を危うく免れるという発想からきています。

After the accident it was touch-and-go whether she would survive.

throw the baby out with the bathwater

「風呂の水と一緒に赤ん坊を流す」とは、「不用な(悪い)ものを捨てようとして、重要な(良い)ものまで一緒に捨ててしまう」ことです。

日本語の「角を矯めて牛を殺す」に相当します。

由来については、ドイツ語のことわざからきていると言われています。

I don't think we should throw the baby out with the bath water. There are some good features of the present system that I think we should retain.

off the cuff

「袖口から」。

食後のテーブルスピーチなど、簡単なスピーチを頼まれた人は、話の中身を全部用意するのではなく、シャツの袖口にちょっとした覚書を書き、ときどきそれを見ながら話したことから、「準備なしで」「即席で」という意味です。

もちろん正式なスピーチではこのようなことはせず、あらかじめスピーチ全文を紙に書いて演壇に立ちました。

I hadn't prepared a speech so I just said a few words off the cuff.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです