英語で何という?(98)執筆A.Y.》

泳ぐ

「確実な証拠が挙がるまで、もう少しホシを泳がせておこう」
Shall we leave the culprit at large a while longer until we have definite proof?

発想「泳がす」→「ひそかに監視しながら自由に行動させておく」

イディオム at large「捕まらないで」「逃走(逃亡)中で」

* 主節は簡単にShall we let the culprit remain freeでもよい。

「秋山さんの希望に添わなければ、恩をあだで返すことになってしまう」
If I go against Mr. Akiyama's wishes, I'll be biting the hand that feeds me.

イディオム bit the hand that feeds one「飼い主の手をかむ」「恩を仇で返す」

御の字

「この仕事で1万円なら御の字ですよ」
Ten thousand yen is more than enough for this job.

発想「御の字」→「十二分だ」

イディオム more than enough「十二分の」「たっぷりの」「うんざりするくらいの」「もうたうさんだというくらいの」

* 肯定的なニュアンスでも否定的なニュアンスでも用いられます。

「彼はついに我を折って我々に同意した」
He has finally given in and agreed with us.

イディオム give in「屈服する」「降参する」「折れる」

甲斐

「一生懸命勉強したかいがあって大学入試に合格した」
I passed the university entrance examinations thanks to hard work.

イディオム thanks to「…のおかげで」「…のせいで」「…のために」

* Thanks to the rain, my shoes are ruined.のように、皮肉としてもよく用いられます。

開業

「彼は弁護士を開業した」
He has hung out her shingle as a lawyer.

イディオム hang out one's shingle「(医師・弁護士などが)開業する」

* shingleとは「医院や弁護士事務所などの看板」のことです。

* 簡単にShe has opened a law office.でもよい。

開眼

「松井はやっとバッティングに開眼したようだ」
It looks like Takahashi has finally gotten the knack of batting.

発想「開眼する」→「コツを会得する」

イディオム get the knack of「コツ(要領)をつかむ」

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです