英語の比喩表現(71)執筆A.Y.》

get away from it all

「何もかもから逃げる」とは、たいていは休暇旅行やレクリエーションなどによって「日常の雑事(わずらわしい日常生活)から解放される」こと、「俗世間(都会の喧騒)から逃れる」こと、いわゆる「命の洗濯をする」ことです。

旅行代理店や旅行ジャーナリストがよく用いる表現です。

You need to get away from it all for a couple of weeks.

get in on the act

「舞台に上がり込む」とは「活動に参入する(割り込む)」こと、いわゆる「一枚かむ」ことです。

元来は劇場の出し物を踏まえた表現で、他人の舞台に紛れ込んで自分も喝采を受けることをいいます。

おそらくは「ミュージックホール(寄席)が盛んだった時代に使われ出した」といわれています。

We ran a successful local delivery business until other local companies started trying to get in on the act.

get out of bed on the wrong side

「間違った側からベッドを降りる」とは「なぜか朝から虫の居所が悪い」こと、「どうもむしゃくしゃしている」ことです。

ベッドの左側から起きると縁起が悪い、という古い迷信が元になっていて、それがやがて「縁起の悪さ」から「不機嫌」へと発想が変わっていきました。

もうすっかり左側からベッドを抜け出してしまった場合は、もう一度ベッドに入り直し改めて右側から出るというように、一からやり直すほどこの迷信をかつぐ人もいるそうです。

What's the matter with you? Did you get out of bed on the wrong side or something?

gild the lily

「ユリに金メッキする」とは、すでに美しい(完璧な)ものに「余計な装飾や細工を加える」こと、「不必要な細工を加えてかえって本来のよさ(美しさ)を損なう」ことをいいます。

シェークスピアの「ジョン王」(4幕2場)の中の次のせりふに由来しています。

'To gild refined gold, to paint the lily, / To throw a perfume on the violet … / Is wasteful and ridiculous excess.'
(純金にメッキを施し、百合の花に彩色し、菫に香水をふりかける … 不毛で笑止千万な生き過ぎです)

Should I add a scarf to this jacket or would it be gilding the lily?

give somebody an inch and they'll take a mile

「こちらが一インチ与えれば、向こうは一マイル取る(取ろうとする)」とは「ちょっと甘い顔をするとどこまでもつけ入る(つけ込む)」こと、「少しでも譲ると際限なく要求してくる」ことをいいます。

譲歩するのは得策ではないということです。

I'm always wary about making concessions to these people. Give them an inch and they'll take a mile.

give a wide berth to

「広く操船余地を与える」とは「敬遠する」ことです。

このberthは海事用語で、船と船、船と岸などの間の「操船余地」と呼ばれているもののことです。

したがって、文字通りには「船が安全に操行できるように広く場所を空けてやる」ということです。

I tend to give the city centre a wide berth on Sundays because it's so busy.

give up the ghost

「魂をあきらめる」(ここでのghostは「魂」のことです)とは元々は「死ぬ」ことをいいます。

旧約聖書、ヨブ記に見られる表現です。

現在では「あきらめる」の他、機械などが「動かなくなる」「停止する」という意味でも用いられます。

All I'd cherished from early childhood had been denied me, so I gave up the ghost.

We've had the same TV for over ten years and it's just given up the ghost.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです