英語で何という?(94)執筆A.Y.》

恐れ入る

「彼の身勝手な要求にはまったく恐れ入ったよ」
I was completely taken aback by his self-centered demands.

発想「恐れ入る」→「あっけにとられる」

イディオム be taken aback「面食らう」「ぎょっとする」「たじろぐ」「あっけにとられる」

* abackは元々「船の帆が急に逆風に吹きつけられた」状態を表わす海事用語です。

お陀仏

「車がこの崖から下の海に落ちでもしたらぼくたちはおだぶつだね」
We'll be dead ducks if this car goes over this cliff into the ocean.

イディオム be a dead duck「お陀仏だ」「一巻の終わりだ」「絶望的だ」

落ち

「彼の話にはたいてい落ちがついている」
His stories usually have a punch line.

イディオム punch line「(冗談などの)落ち」「(演説・広告などの)最後に人をあっと言わせる文句」

落ち込む

「落ち込むなよ」
Don't let it get you down.

イディオム let something get one down「…によって憂うつになる(気を落とす、落ち込む)

落ち着く

「スピーチをしなければならなくなると、わたしは決まって落ち着かなくなる」
Whenever I have to make a speech, I get the jitters.

I always have butterflies in my stomach when I have to make a speech.

イディオム get the jitters「不安でどきどきする」

have butterflies in one's stomach(胃にチョウがいる→)「不安・緊張などでどきどきしている」「ひどくあがっている」

お茶

「その場はそう言って何とかお茶を濁しておいた」
I said it just to save appearances for the moment.

発想「お茶を濁す」→「その場をとりつくろう」

イディオム save/keep up appearances「体裁(対面)をとりつくろう」

お調子者

「彼女はお調子者だ」
She often gets carried away.

イディオム get carried away「夢中になって(我を忘れて、衝動に駆られて)やりすぎる」
「調子に乗りすぎる」「悪乗りする」

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです