スパルタ英語・英会話 NCC綜合英語学院

よくある誤り・中級者編・語法(2)執筆A.Y.》

arrive

* Man arrived on the moon.
→ Man got to / reached the moon.

「ある場所に努力して到着する」という意味合いの場合にはarriveは使いません。

avoid

* He couldn't avoid laughing.
→ He couldn't help laughing.

「感情などを抑える」という意味ではavoidは通例用いません。

badly

* He requires your help badly.
→ He needs your help badly.

badlyにはneedやwantなどを修飾して、よしあしに関係なく程度を強調する用法がありますが、wish, desire, requireなどの堅い動詞とともには用いません。

become

? I want to become a doctor.
→ I want to be a doctor.

未来のことについてはbecomeでなくbeを使うのがふつうです。

ただし、時期の明確なことについてはどちらも用います。

He is studying medicine at Oxford and is going to become/be a doctor next year.

behavior

* Her behavior at meals is good.
→ Her manners at meals are good.

behaviorには「客観的に見て」という視点があり、また「悪い」ということが意識されているので、特定の句(be on one's good behavior(行儀よく振る舞う)など)を除いて、goodなどのプラスイメージの語とは結びつきにくようです。

したがって、There is something odd in her behavior.(彼女のふるまいには妙なところがある)というのもoddではなくgracefulを用いた場合には、There is something graceful in her manners.(彼女のふるまいには優雅なところがある)とします。

body

* My body is healthy.
→ I am healthy.

上の例のように「体はじょうぶです」というのは* My body is healthy.とは言いません。

ちなみに、「体を洗う」もwash one's bodyでなくwash oneselfと言います。

スパルタ英語・英会話 NCC綜合英語学院

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです