英語の比喩表現(41)執筆A.Y.》

Job's comforter

「ヨブを慰める者」とは、「うわべは慰めているつもりでかえって相手の悩みを深める人」のことです。

出典は旧約聖書の「ヨブ記」で、ヨブが友人たちのことを'miserable comforters'(人を慰めんとして却って人を煩わす者)と呼んだことからきています。

She's a real Job's comforter. She keeps telling me I'm going to die soon anyway so I shouldn't worry about anything.

keep up with the Joneses

「ジョーンズ家と張り合う」とは、「隣人に負けまいと見栄を張る」ことを表わします。

この表現は、Arthur R Momandが1913年にThe New York Globeに連載を開始した漫画のタイトルに由来しています。

漫画は主人公がとなりに負けまいと見栄を張って、隣人よりもいいものを買って喜ぶ生活をユーモラスに描いたものです。

Her only concern in life was keeping up with the Jones.

meet one's Waterloo

「ワーテルローに直面する」

ナポレオン率いるフランス軍が、ウェリントン率いるイギリス軍に1815年のワーテルローの戦いで敗北し、これによってナポレオンのヨーロッパ支配が終結したことから、「大敗北を喫する」ことや「難局にぶつかる」ことを表わします。

She finally met her Waterloo when she tired to take on the club champion.

a month of Sundays

「一か月分の日曜日」

日曜日が一か月分あるためには、31週間必要なことから、「非常に長い間」という意味です。否定の強調に使われるのがふつうです。

You won't find someone to do that job in a month of Sundays.

Hobson's choice

「ホブソンの選択」とは、「提供されたものを取るか取らないかしか自由のない選択」「え選り好みを許されない選択」または「唯一の残された手段」を指します。

17世紀のイングランドで、ケンブリッジの貸し馬屋トーマス・ホブソンが、たくさんの馬を持っていたにもかかわらず、借りに来たお客に自由な選択を許さず、馬小屋の入り口に最も近い馬を貸し出し、それ以外の馬は貸し出しを拒否したという話に由来しています。

It's Hobson's choice, because if I don't agree to do what they want, I'll lose my job.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです