英語の比喩表現(36)《執筆A.Y.》

until one is blue in the face

「顔が青くなるまで」

肉体的に激しい努力をすると、顔が真っ青になることがあることから、「精根尽き果てるまで」言い張ったり、叫んだりすることを表わします。

その努力が無駄に終わるという含みがあります。

I can tell him to tidy his room until I'm blue in the face, but it's always a mess.

out of the blue

「青い空から」

空から思いがけなく何かが降ってくるという発想から、「まったく突然に、出し抜けに」という意味です。

類似の表現にa bolt from/out of the blue(青い空からの稲妻)があります。

これは「思いもかけないできごと」つまり日本語の「青天の霹靂」に相当します。

One day, out of the blue, she announced that she was leaving.

He seemed to be very happy in his job, so his resignation came as a bolt out of blue.

have a green thumb/green fingers

a green thumb(アメリカ英語)やgreen fingers(イギリス英語)とは、植物を育てることが好きで、しょっちゅう触っていると、植物の葉によってその人の親指が緑色に染まることから、the ability to make plants growを指します。

そこで、have a green thumb/green fingersという表現は、園芸上手な人について使います。

I'm afraid I don't have green fingers. I've killed every plant I've ever owned.

the green-eyed monster

英語で「緑色の目をした怪物」とは「嫉妬」のことです。

この表現はシェークスピアの「オセロー」の次のせりふからきています。

O, beware, my lord, of jealousy/It is the green-eyed monster which doth mock/The meat it feeds on.

(閣下、嫉妬にはお気をつけなさいまし。そいつは緑色をした怪物で、人の心をもてあそび、これを餌食にします)

Do you think his criticisms of Jack are valid or is it just a case of the green-eyed monster?

類似の表現にbe green with envy(顔が青白くなるほど、ひどくうらやんで/ねたんでいる)があります。

She's going off to the south of France for three weeks and we're all green with envy.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです