英語の比喩表現(65)執筆A.Y.》

tower of strength

「力の塔」とは、「頼りになる人」のことです。

1852年に詩人のテニソンが「ウェリントン公の死を悼む歌」の中でO fall'n at length that tower of strength(おお、あの力の塔も遂に堕ちたるか)と書いたことから広まりました。

Her father was a tower of strength to her when her marriage broke up.

tug of love

「愛の引っ張り合い」とは、「離婚した、または別居中の夫婦が、子供の養育権を争っている状況」、いわゆる「親権者争い」のことです。

子供を綱に見立てて、両親が綱引き(tug of war)をしているという発想からきています。

マスコミ、特に新聞の見出しでよく目にする表現です。

turn the corner

「角を曲がる」とは、角を曲がって新しい方向に進むというイメージから、病気や不景気などが「峠を越える」こと、「危機を脱する」ことをいいます。

現在、財政・経済状況についてマスコミで多用される表現です。

After nine months of poor sales we've finally turned the corner.

We knew Dad had turned the corner when he started complaining about the hospital food.

wear one's … hat

「…の帽子をかぶる」とは、特別な帽子によって象徴される地位や職などがあることから、「(臨時に)…の役割を果たす」こと、「…の資格(立場)でものを言う(ふるまう)」ことです。

I'm a manager now and only put my salesman's hat on when one of our sales reps is having real problems.

when one's ship comes home/in

「船が帰港したら」とは、自分の計画が成功して「金が入ったら、金をもうけたら」ということです。

富をもたらす舶来品を満載した帆船が帰ってくるのを、商人が首を長くして待っていた時代に生まれた表現です。

もちろん、無事に帰ってくるかどうかは確かではなかったわけで、そのニュアンスは今でも含まれています。

When my ship comes in, I'll build you a huge house in the country.

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです