英単語あれこれ(16)執筆A.Y.》

workaholic

いわゆる「仕事中毒」、働きすぎの人のことを指しますが、これはworkとalcoholic(アルコール中毒の)の合成語です。

workaholicが高じるとjob burnout(燃え尽き)と呼ばれる状態になります。

アメリカ人は合理主義に徹していて、残業などはあまりしないように考えられていますが、それはあくまでもふつうの人の話であって、出世をする人たちの働きぶりはすさまじいといわれています。

アメリカ社会のrat race(同僚間の栄進の競争)は日本などよりずっと強烈なのです。

同じように-aholicのついた語で、もっと新しいものに、cardaholicというのがあります。

意味はa person who habitually uses credit card for purchases well beyond ability to payすなわち、「クレジットカード中毒」のことです。

bookaholicというものもあって、これはいうまでもなく「本の虫」を指します。

-phobia

これは「〜恐怖症」という語をつくる接尾辞です。

claustrophobiaといえば「閉所恐怖症」のことで、enclosed space phobiaと言い換えることもできます。

acrophobiaは「高所恐怖症」で、やさしく言えばheights phobiaです。

Xenophobiaは「外国(人)恐怖症」「外国(人)嫌い」のことです。

他にどんなphobiaがあるのかと辞典を調べてみたら、恐怖症のオンパレードといった感じで、以下にそのほんの一部を紹介します。

anthropophobiaはanthropology(人類学)やmisanthrope(人間嫌い)などから容易に類推できるように、これはhuman being phobiaすなわち「人間(対人)恐怖症」です。

gamophobiaはmonogamy(一夫一婦)やpolygamy(一夫多妻)などから類推できるように、これはmarriage phobiaすなわち「結婚恐怖症」のことです。

panophobiaはevery thing phobiaのことで、あらゆるものが恐怖の対象になってしまうという心の不安状態で、「万物恐怖症」と呼ばれています。

phobophobiaはa morbid fear of developing a phobiaのことで、自分がphobiaにかかりはしないかと恐れているphobiaで、「恐怖恐怖症」と呼ばれています。

また、-phobiaの形容詞は-phobicで次のように用いられす。

She got claustrophobic in the elevator.

He felt acrophobic when he got to the top of the building.


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです