性差のない表現(2)《編集A.Y.》

better half → 最近ではこの表現を好まない人も多い。
「自分の妻、夫」

black → 下の説明を参照。
「黒人の、皮膚が黒い」

* 黒人は自分たちの皮膚の色に言及する場合には人種的誇りをもってこの語を使用しますが、好ましくない意味に用いられることには反対する傾向が強いです。

bondsman(米)→ bonding(bail bond) agent
「ボンズマン」

* bondsmanとは「保釈金を支払えない逮捕者に一定の利子を取って保釈金を貸し付ける一種の金融業者」で、「裁判所や刑務所などの近くに事務所を持って営業している」ことが多いです。

brotherhood → companionshipなど
「兄弟のようなよしみ、友好関係」

brotherhood → (common-interest) group/society/association, religious organizationなど
「同業組合;(共通の利害で結ばれた会員たちの)協会;宗教団体」

the brotherhood → the (whole body of) people in the same trade, the tradeなど
「同業者」

bus boy, bus girl(米)→ waiter's assistant, busperson, busser, dinning room attendant, dish carrierなど
「バスボーイ」

* bus boyとは「レストランのウェイターの助手で、食後の皿を集めて洗い場へ運ぶ」人のことです。

businessman, businesswoman → businessperson(複数形はbusinesspeople), (business) executive, business leaderなど
「実業家、実務家」

busman → bus driver
「バスの運転手」

busman's holiday → bus driver's holiday
「運転手がドライブに出かけるなど、自分の日常業務と同じことをして過ごす休日」

cameraman → camera operator
「(映画・テレビの)撮影技師」

career woman → professional, business executive あるいは具体的な職種
「キャリアウーマン」

chairman, chairwoman → chairperson
「議長;(委員会の)委員長;(会社などの)会長」

chairman(米)→ department head
「大学の主任教授(学科の長)」

chairman → (group) leader, head manager, supervisor
「(特殊な係の)監督;主席」


「性差のない表現(3)」へ続く

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません