性差のない表現(1)編集A.Y.》

近年、businessmanをbusinessperson、fireman(消防士)をfire fighterと表現する傾向があります。

これは、〜manという語は男性のみを表し、男女差別につながるという考えからです。

逆にbusinesswomanでは女性だけになってしまい、男性も含みたい場合には不適切です。

これらの不都合をなくするためには、性差のない表現(男性、女性のいずれにも用いることのできる表現)が必要なのです。

以下、一覧を記します。

→の右側が性差のない表現です。

(米)はアメリカ英語、(英)はイギリス英語であることを示しています。

便利なアルファベット順

actor, actress → actor
「俳優」

adulterer, adulteress → adulterer
「不倫者」

* ちなみに、最近ではadultery(不倫)の代わりにextramarital affairsという言い方が好まれます。

adventurer, adventuress → adventurer
「冒険家」

airman, airwoman → aviator, pilot
「飛行家、飛行士」

airman, airwoman → aerial navigator
「空軍の航空兵」

alumnus, alumna(米)→ graduate, alum, former student, ex-studentなど
「卒業生、同窓生」

ambassador, ambassadress → ambassador
「大使」

* ambassadressには「大使夫人」の意味もありますが、その場合はambassador's wifeが好まれます。

American Indian → Native American
「アメリカインディアン」

ancestor, ancestress → ancestor
「先祖、祖先」

anchorman, anchorwoman → anchor, anchorperson
「(ニュース番組の)アンカー、ニュースキャスター」

assemblyman, assemblywoman(米)→ assembly member, assemblyperson
「議員;州議会下院議員」

author, authoress → author
「作家」

bargeman(米)→ bargehand
「船頭」

barman, barmaid → bartender
「バーテン」

barrowman(英)→ costermonger
「(手押し車による果物などの)呼び売り行商人」

benefactor, benefactress → benefactor
「(慈善団体・学校・病院などへの)寄進者、後援者」


「性差のない表現(2)」へ続く

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません