カタカナ英語(6)執筆A.Y.》

ベスト

日本語でよく「ベストテン」などとランキングをすることがありますが、英語ではthe ten bestという語順にします。

また、ポピュラーミュージックのAmerican Top 40などのように、英語ではこの場合のベストをtopで表現するのが一般的です。

これは「良し悪し」よりも「売り上げの上下」で判断するからでしょう。

したがって、ヒット曲名などの「今週のベストテン」というのは、this week's top 10とかthe ten best songs of this weekのようになります。

サラリーマン

日本語では会社勤めの人を「サラリーマン」と言いますが、これは和製英語なので、英語としては通じません。

これに相当する英語はoffice workerやwhite-collar workerなどです。

また、日本人は職業を聞かれたとき、「サラリーマン」と答えることが少なくありませんが、英語ではI work for a bank/G Company.のように具体的に業種や社名を言うか、I'm a salesman.のように職種を言うのがふつうです。

ハーフ

日本語では混血の人のことを「ハーフ」と言いますが、これは和製英語です。

ちなみに、この「ハーフ」という語には人種差別的なイメージがあるので使わないでほしい、「外人」という呼び方と同じく相手にいい印象を与えない、と言う人も少なくありません。

英語では、混血児をhalf-breed(主に白人とネイティブアメリカンとの混血)といいますが、この語には軽蔑的なニュアンスがあるので使わないほうがいいでしょう。

「彼女は日本人とアメリカ人のハーフだ」というのは、辞書にはShe is half-Japanese and half-American.という英文が記載されていますが、Her father is Japanese and her mother is American.のように、両親の出身地などで表現するのが失礼にならない無難な方法です。

マンション

日本語では高層の集合住宅のことを「マンション」と呼んでいますが、英語のmansionは、「10室以上のベッドルームに一部屋分もありそうな広いバスルームが4つも5つもあり、大きな暖炉つきのリビングとプールのある中庭、ガレージにはベンツやロールスロイスが並んでいる」超豪華な大邸宅を指します。

日本語でいう「マンション」は、賃貸式のものは建物がapartment house/building,その中の一室がapartment,分譲式のものはcondominium(建物全体にもその中の一戸にも用います)と言います。


「カタカナ英語(7)」へ続く

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません