カタカナ英語(2)《執筆A.Y.》

クーラー

英語のcoolerは、一般に「冷却器」を指します。

ワインを冷やしておくwine coolerなどがそれに当たり、スポーツやピクニック、釣りなどに持って行って、食べ物や飲み物を入れておく「クーラーボックス」(携帯用の冷蔵庫)のこともcoolerと言います。

日本語では冷房装置のことも「クーラー」と言いますが、英語ではair conditionerがふつうです。

ちなみに「エアコン」はair conditioning(空気調節)を日本式に省略したもので、その装置がair conditionerです。

「冷房(エアコン、クーラー)がきいた部屋」はan air-conditioned roomと言います。

スペル

英語の名詞のspellは「期間」や「呪文」という意味です。

「つづり」という意味の「スペル」は和製英語で、英語ではspellingを用います。

ただし、動詞としてのspellは「つづる」という意味です。

ですから、「お名前のスペルを教えてください」はGive me the spelling of your name, please.とかMay I have the spelling of your name, please?とかHow do you spell your name?と言います。

レポート

英語のreportは「公式な報告書」や「調査記事」などを指し、学校で学生が提出する「レポート」の意味には用いません。

学期末などに出すレポートであればterm paperと言います。

学期末とは限らないレポートなら単にpaperと言うのがふつうです。

ベースアップ

日本語では、給与体系を物価指数などとの関連で一定の率で上げることを「ベースアップ」と言っていますが、これは和製英語でbase upという英語はありません。

pay raiseやwage raiseなどの言い方はありますが、これらは「昇給」に相当することばです。

したがって、「ベースアップ」はincreaseやraiseなどの名詞を使って、increase in base payやbase pay raiseのように言うしかありません。

ノイローゼ

「ノイローゼ」はドイツ語のNeurose(神経症)が語源です。

英語ではneurosisですが、これは医学用語で、一般にはnervous breakdown(神経衰弱)と言います。


「カタカナ英語(3)」へ続く

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

記事は当サイト独自のものでNCCとは関係ありません