カタカナ英語(1)《執筆A.Y.》

アンケート

このカタカナは、フランス語のenquete(調査、質問)からきていて、英語では通じません。

「アンケート」に相当する英語はquestionnaireで、質問がリストになった調査用紙(質問表)を指します。

「アンケートに答える(記入する)」ことはanswer a questionnaireとかfill in/out a questionnaireと言います。

カメラマン

日本語ではカメラで写真を撮る人のことを「カメラマン」と言いますが、英語でcameramanとは映画やテレビの撮影技師のことです。

日本語の「カメラマン」(=写真家)に相当する英語はphotographerです。

コップ

日本語の「コップ」と英語のcupを日本語的に発音した「カップ」の音が似ているので、頭の中でなんとなく関連づけている人が多いようですが、「コップ」は「杯」の意味のオランダ語kopから日本語に入ったもので、英語とは直接の関係はありません。

英語のcupは基本的に陶製か金属製の容器で、コーヒーや紅茶など温かい飲み物を入れる取っ手のついた容器です。

それに対して、ジュースやビール、ワインなど冷たい飲み物を入れるガラス製の容器がglassです。

したがって、日本語の(ガラスの)「コップ」に当たるのはglassです。

ただし、「紙コップ」は(glassはもともと「ガラス」なので)paper cupとする必要があります。

クレーム

日本語では文句を言うことを「クレームをつける」と言いますが、英語のclaimはI'm sure that they will claim damages from you.(あの人たちはきっと損害賠償を請求してくると思います)というように、「正当で当然な権利として要求する」ことです。

名詞の場合も「要求、請求」特にお金に関して「支払い要求」「賠償要求」などの意味で用いられ、「苦情、文句」という意味はありません。

したがって、「クレームをつける」というときにはcomplainや、make a complaintなどを使って、He complained/made a complaint about the hotel service.(彼はホテルのサービスにクレームをつけた)のように言います。


「カタカナ英語(2)」へ続く

英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです