英語の比喩表現(15)《執筆A.Y.》

「恐怖」の表現の続きです。

日本語でも「恐怖でぶるぶる/がたがた震える」と言いますが、同じような表現が英語にもあります。

shake like a leaf/jelly

英語では「木の葉/ゼリーのように震える」といった言い方をします。

他に、shake in one's shoes/boots(靴/ブーツの中で震える)という表現もあります。

What's the matter? You're shaking like a leaf?

今度は「怒り」の表現を見ていきましょう。

激しく上のほうへ跳び上がっていくイメージのものが多いです。

burn up

「燃え尽きる/焼き尽くす」

比喩的に「かんかんに怒る/怒らせる」という意味で使われます。

The way he treats her really burns me up.

同じような表現にblow upがあります。

文字通りには「爆発する」ということです。

My Dad blew up at me when he saw the phone bill.

blow one's stack/top

「煙突/てっぺんを吹き飛ばす」

(ここでのstackはsmokestack(煙突)を指します)

これも比喩的に「激怒する」という意味です。

I've never heard such an absurd thing. I'm going to blow my top.

be up in arms

「武装して立ち上がっている」

(ここでのarmsは「武器」という意味)

比喩的に「何かに憤慨していて争う構えができている」ことを表わします。

Residents are up in arms about plans for a new road along the beach.

fly off the handle

「斧や金づちの頭が柄から抜けて飛んでいく」

(ここでのhandleは「柄」という意味)

比喩的に「急に怒り出す、かっとなる」という意味です。

He's extremely irritable - he flies off the handle at the slightest thing.

put/get somebody's back up

「人の背中を上げる」

猫を怒らすと背を上げることから、「人を怒らせる、困らせる」という意味で使われます。

Just ignore him - he's only trying to put your back up.

hit/go through the roof

「屋根に頭をぶつける/屋根を突き破る」

かっとなって跳び上がって屋根にぶつかるイメージから、「かんかんになる、頭にくる」という意味です。

hit the ceiling(天井にぶつかる)という言い方をすることもあります。

When I was expelled from school, my parents went through the roof.


「英語の比喩表現(16)」へ続く


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

<特訓!入門〜通訳まで、成果公約。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

NCCは当サイトのスポンサーです